FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- | スポンサー広告 |

神社の「ご神木」(樹齢300年)を、住宅地販売業者が誤って伐採

 千葉市の神社「甲大神(かぶとおおかみ)」(稲毛区宮野木町)の敷地内にある、樹齢300年近い「ご神木」を含む樹木が昨年12月、隣接地で住宅販売を手がける業者によって誤って伐採され、神社側と業者の間でトラブルになっている。無人の甲大神を管理する「検見川神社」(宮間秀夫宮司)によると、伐採されたのは、いずれも市の保存樹木に指定されているクスの木とシイの木、さらに神が宿るとされ信仰対象となって いたオガタマの木など、計約20本の樹木。

 業者は神社側に謝罪し、代わりの木を植えることを申し出たが、伐採された中に千葉市指定の保存樹木2本などが含まれていたこともあって神社側はこれを受け入れず、千葉北署に器物損壊容疑などで被害届を提出する事態に発展している。伐採した住宅販売業者(千葉市中央区)では、「宅地開発を予定している林の樹木を伐採する際、住宅の日当たりに影響する神社の木も伐採してかまわないと、土地を買った業者から聞いていた」と釈明、さらに「伐採に立ち会った同神社の神主の了承を得た」と主張している。 これに対し神社側では「以前から伐採の話は聞いていたが、枝を払うだけだと認識していた。木そのものの伐採を認めた覚えはない」と反論。確認を求められたとされる神主も「どの木を
 伐採するか具体的に聞いていたわけではない」と話している。

 業者側は、伐採後に神社から抗議を受けて「木を切る際に改めて伺いをたてるべきだった」と 謝罪、「同じような木を植える」と神社側の代理人を務める弁護士を通じて申し出た。
 業者は神社側から「原状復帰を求める。少なくとも樹齢100年以上の木を植えてもらいたい」 との要求書を弁護士から受け取ったとした上で「和解に向けて話が進んでいるものだと思っていたが、まさか被害届を出されるとは」と困惑している。

 また同神社では「神が宿るご神木は神社に不可欠な存在で、新たな木を植えたからといって 解決する問題ではない」と話し、「原状復帰ができない以上、神社にふさわしい樹齢300年近い木を植えるなど、誠意を見せてもらいたい」と求めている。

 読売新聞
スポンサーサイト
2007-01-28 | 社会 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iroiroiroiroiroiro.blog83.fc2.com/tb.php/51-1286bbb0

«  | HOME |  »

2018-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

愛

Author:愛
文化に関わるニュースをお伝えして行きたいと思います。

 

最近の記事

Google

 

 

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

広告

 

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。