FC2ブログ

Latest Entries

丸川珠代に選挙権がなかった!

 元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代氏(36)=自民・東京選挙区=が16日、期日前投票を門前払いされた。丸川珠代氏は約3年前に海外勤務から帰国しているのに、今年4月まで転入届を未提出。投票権が消滅した状態だった。丸川珠代氏は「忙しくて(転入手続きを)忘れてしまって」と釈明したが、ここ3年選挙に行っていないのではという疑惑も浮上。とりあえず貴重な1票は確実に失ってしまった。

 この日午後、期日前投票のため笑顔で新宿区役所に入った丸川氏。しかし30分たっても出てこない。そして陣営スタッフが沈痛な表情で現れた。

 「仕事でニューヨークに住んでいて、帰国した際に転入届を出し忘れていて投票ができませんでした」と関係者は説明した。丸川珠代氏は03年6月から約1年、テレ朝のニューヨーク支局に勤務。04年6月に帰国した。だが転入手続きを忘れ今年の4月下旬になって急きょ行ったという。丸川珠代氏は新宿区在住だが転入届を出してから3か月が経過しないと区の選挙人名簿に登録されない。そのため選挙権が“消滅”していた。

 区役所から出てきた丸川珠代氏は「投票ができないことが分かりました。ニューヨークから戻ってきて、すぐに転入の手続きしなければいけないのに忙しくて忘れてしまって…。すいませんでした。ごめんなさい」と頭を下げた。

 今年4月に転入届を出したのであれば帰国以来、投票に一度も行っていないことになる。事実であれば、05年9月の衆院選も今年4月の都知事選も棄権。石原ファミリーの全面支援を受けながら、慎太郎知事に1票を投じることもなかったのか。元報道キャスターとしては何とも痛い失態。関係者は「忙しくて恐らく(選挙には)行っていないでしょう。(同じマスコミの)みなさんもそうでしょ?」と話す。

 さらに転入手続きが済んでいなければ、帰国してから今年4月まで、どこに住民税を払っていたのかも疑問となる。この点について丸川珠代氏は帰宅後に源泉徴収票を発見したという。事務所も「04~06年まで住民税を払っていたことを確認しました」としたが、どこに払っていたかについては依然として「分かりません」とのこと。「(もし不備があれば)法的な手続きは早急に行いたいが…」と関係者は力なく話した。

 ◆届け出は公示前3か月以上必要、立候補はOK
丸川珠代氏はなぜこんな事態に陥ったのか。選挙権の行使(投票)には各市町村の選管が管理する選挙人名簿に登録されていることが必要だ。通常は各市町村の住民票などの住民基本台帳に基づき登録される。選挙区内で投票するには、各選挙の公示(告示)の3か月以上前までに住民票の届け出が済んでいなければならない。
海外に転居した場合は、各市町村に転出届を提出後4か月以上がたつと選挙人名簿から抹消される。だが、各国の日本大使館などに「在外選挙人名簿」の登録を申請すれば海外での投票が可能となる。
しかし帰国した際に転入届の提出を怠ると、選挙の公示日まで3か月を切っている場合は日本国内での選挙人名簿に登録されず、投票ができない状態となる。
なお被選挙権については、日本国籍を保有していれば公選法上、海外在住でも立候補は可能。チリに軟禁中のフジモリ元ペルー大統領が今回の参院選に出馬している。


スポーツ報知より


スポンサーサイト



2007-07-17 | 選挙 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

「やじうまプラス」二木啓孝氏、参院選出馬へ

 テレビ朝日系情報番組「やじうまプラス」などで活躍中のジャーナリストで、「日刊ゲンダイ」ニュース編集部部長の二木啓孝氏(57)が同社を退社することが10日、分かった。参院選に出馬するとみられる。二木啓孝氏は今月中に会社を辞める見込みで、かねてより親交がある田中康夫氏が率いる新党日本からの立候補が濃厚だ。テレビやラジオでも活躍し、全国的な地名度がある同氏の動向は、今後の注目となりそうだ。

 舌鋒鋭いジャーナリストが参院選に参戦する。関係者の話を総合すると、二木啓孝氏は最近になって退社を決意。今月末に発表する予定のようだ。7月の参院選を直前に控えての急な動きに、周囲からは「この時期の退社ということは、選挙に出るのではないか」との声が噴出しているという。

 二木啓孝氏はこの日、スポーツ報知の取材に「退社するのは事実だが、出馬は絶対ない。打診もありませんよ」と否定した。

 二木啓孝氏は日刊ゲンダイのニュース編集部部長として、同社の看板的存在。一連のオウム真理教事件で同教団を激しく批判し、ブレーク。その後もテレビやラジオでのコメンテーターとして活躍。現在はテレビ朝日系「やじうまプラス」などにレギュラー出演中。わかりやすい語り口で政治ニュースなどを紹介している。発言は反体制寄りで、昨年9月の安倍政権誕生の際には「新政権の命運は来年7月の参院選次第。負ければ短命に終わる」と予言。最近も「やじうま-」で、安倍首相の年金問題に対する対応を厳しく批判していた。

 出馬する政党は新党日本が濃厚。二木氏の全国的知名度は、同党において大きな武器だ。二木氏と代表の田中康夫氏とは旧知の仲で、田中氏は日刊ゲンダイで連載もしている。

 同党ではすでに“目玉候補”としてオウム問題などで知られ、最近まで日テレ系情報番組「ザ・ワイド」のコメンテーターを務めていたジャーナリストの有田芳生氏を比例代表での擁立を決定。現在も選挙区を含め、候補者を募集中。比例代表か東京選挙区からの出馬もあるという。二木氏の出馬が実現すれば強力な援軍になるとともに、豪華な論客陣がそろうこととなる。与党にとっても脅威となりそうだ。

 ◆二木 啓孝(ふたつき・ひろたか)1949年11月29日、鹿児島県生まれ。57歳。明治大学農学部中退後、出版社勤務。「週刊ポスト」専属ライターを経て82年、日刊ゲンダイへ。ニュース編集部長を務める傍ら、テレビ朝日系情報番組「やじうまプラス」などのコメンテーターのほか、TBSラジオ「アクセス」などのパーソナリティーとしても活動している。

スポーツ報知より



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

2007-06-11 | 選挙 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

丸山弁護士に自民が出馬要請

  夏の参院選で、自民党が比例代表候補として、テレビのバラエティー番組などで人気の弁護士、丸山和也氏(61)に立候補を要請していることが8日分かった。関係者によると、丸山和也氏は数回にわたって自民党関係者と会談。立候補を前向きに検討しているという。
 丸山和也氏は兵庫県出身で第一東京弁護士会に所属。日本テレビの「行列のできる法律相談所」などに出演中で、タレントとしても活躍している。今年4月の東京都知事選では、立候補の届け出に必要な書類を入手して出馬を検討した。しかし、「進行中のテレビ、コマーシャルなどへの影響を含め、現実には解決困難な事情が多くある」として断念した。
 これまでに丸山和也氏は、平成元年7月の参院比例代表に1度、法曹関係者でつくったミニ政党「新政クラブ」で立候補したが落選している。
 丸山和也氏が所属する法律事務所と芸能事務所は、参院選への立候補について「本人からまだ聞いていない」と話している。

産経新聞より



2007-06-09 | 選挙 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

さくらパパ、参院選へ!

 今夏の参院選最大の目玉候補として、民主党が女子プロゴルファーの横峯さくら(21)の父・良郎氏(47)を比例代表で擁立することが5日、明らかになった。独特のキャラクターでゴルフファンのみならず全国的な知名度を持つ良郎氏に民主党が昨年から注目。小沢一郎代表との会談を経て、11日にも正式に出馬会見を行う見通しだ。

 参院選で“タマ不足”と言われてきた民主党最後の切り札は「さくらパパ」だった。

 同党関係者は昨年8月に横峯良郎氏に接触。ラブコールを送り続けていた。一部で出馬を報じられた際は真っ向から否定したが、横峯良郎氏は「ここ数日で決めた」と説明。「自民、民主から打診があり、断っていたが『まだゴルフ界からは(政治家は)一人もいない』と言われて考え直した」と話した。

 横峯良郎氏は20歳から独学でゴルフを始め、23歳の時に、自宅を売却して土地を購入。自らショベルカーを運転して、鹿児島・鹿屋市に「めだか倶楽部」という練習場を建設した。その行動力もさることながら、コーチとしても娘2人をプロゴルファーに育てた。キャディーとして娘に帯同し、ラウンド中の親子げんかも名物となるほど言動も過激。

 05年6月、岐阜県のユーグリーン中津川GCで行われた「アピタ・サークルK・サンクスレディス」では、横峯良郎氏のインタビューを許可しない日本女子プロゴルフ協会に向かって「お前ら、バカか!」と激怒。抗議の末、許可を勝ち得るなど“反体制”の精神もある。同党関係者は「自分の言葉を持っている人」と期待する。

 これまで民主党では多くの大物に出馬を打診し、断られてきた。筑紫哲也氏や久米宏氏らの名前も挙がったが、結局話題候補はプロ野球・大洋で首位打者になった元荒川区議・長崎慶一氏、レズビアンを告白した元大阪府議・尾辻かな子氏らが挙がるだけだ。

 「さくらも成功したし自分もほとんどは達成した。ここまでこれたのはみなさんのお陰。やるからにはやる」と意気込む横峯良郎氏。最近になって視力回復のレーザー手術も受けた。“新たな目玉”候補として新天地に挑戦する。

 ◆横峯 良郎(よこみね・よしろう)1960年3月15日、鹿児島県鹿屋市生まれ。47歳。鹿児島県立串良商高卒。プロゴルファーの横峯留衣(長女)、横峯さくら(三女)の父。TBS系「ブロードキャスター」「さんまのSUPERからくりTV」や、「アートネイチャー」のテレビCMなどに出演し、マルチタレントとして活躍している。著書に「さくら咲く!」(KKベストセラーズ)、「さくらパパ ヨシロー語録 横峯式」(岳陽舎)など。愛称は「さくらパパ」。

 スポーツ報知より





2007-06-06 | 選挙 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

宅八郎氏 渋谷区長選出馬

「オタク評論家」として知られる宅八郎氏(44)=本名・矢野守啓=が、東京・渋谷区長選(15日告示、22日投開票)に無所属で“電撃出馬”することが13日、分かった。宅氏は「渋谷を『萌える街』にしたい」と抱負を語った。

 市民団体「オンブズマン渋谷行革110番」が今週に入り宅八郎氏に出馬を打診していた。宅八郎氏は「コスプレのウグイス嬢を使う」と“宅流”の選挙戦を展開する一方で、「巨大ハコモノ建設の中止などを地道に訴える」としている。

 宅八郎氏は浜松市出身。法政大学卒業後、CM制作会社勤務を経て雑誌ライターなどとして活躍。長髪に眼鏡のスタイルでテレビにも出演した。

 同市民団体では一時、落語家の快楽亭ブラック氏(54)を擁立したが、調整がつかず出馬を取りやめていた。


サンスポより
2007-04-15 | 選挙 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

«  | HOME |  »

2019-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

愛

Author:愛
文化に関わるニュースをお伝えして行きたいと思います。

 

最近の記事

Google

 

 

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

広告

 

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク