FC2ブログ

Latest Entries

「モーニング娘。」らのライブ開演直前、35歳男性が転落

 アイドルグループ「モーニング娘。」らが出演し27日に横浜アリーナで行われた「ハロー!プロジェクト」のコンサートで、3階席にいた静岡県富士川町の男性ファン(35)が約4・5 メートル下の2階席の通路に転落する事故が起きた。男性は頭を強く打ち重傷。はしゃいでいるうちに高さ約1メートルの手すりを越え転落したとみられる。

 男性が転落したのは、コンサートが開演する直前の27日午後6時15分ごろ。港北署によると、男性は3階席の最前列にいた。会場では、モー娘らアイドルグループの登場を心待ちにするファンがヒートアップ。男性もピョンピョンと跳びはねる姿が目撃されており、はしゃいでいるうちに高さ約1メートルの手すりを越え、約4・5メートル下の2階席の通路に転落したとみられる。通路はコンクリートだが、薄いカーペットも敷かれていた。

 目撃者は「酔っぱらっているように見えた」と証言。会場には救急車が出動し、救急隊員が駆け付けた際も酒のにおいがした。男性は意識はあったものの、耳から血を流しており、救急車の中では足をばたつかせ、うめき声を上げていた。搬送された横浜市青葉区内の病院で急性硬膜外血腫と診断され、緊急手術が行われた。

 コンサートは同日午後6時20分から開演の予定だったが、この事故で開始が約10分遅れた。
スポンサーサイト



2007-01-28 | 未分類 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

ゲームで食育学ぶ

 ゲームや講演会などを通じて食育の大切さを伝える「いきいき健康フェア」が27日、京都市伏見区の「大手筋地域子育てステーションぱおぱおの家」で開かれ、近隣の親子連れや女性会の会員たちが食べ物や食習慣の基礎知識を学んだ。

 京都府栄養士会が主催し今年で3回目。これまで京都栄養士会館(伏見区)で開いてきたが、地域に活動を広げようと初めて出張開催した。

 会場の通路には食べ物に関するクイズが複数掲示してあり、訪れた親子連れが相談しながら回答用紙に答えを書き込んだ。食べ物の栄養を学ぶ紙工作コーナーもあり、子どもたちが作業を通じて知識を深めていた。

 京野菜をテーマにした講演では、京都府立大の冨田圭子助手が賀茂なすや堀川ごぼうなどの栄養価と調理法を紹介し、「京都に住むわたしたちが京野菜をおいしく食べて守り育てていこう」と来場者に呼びかけた。

 京都新聞
2007-01-28 | 未分類 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

「本屋大賞」のノミネート発表!

 全国の書店員が売りたい本を選ぶ「本屋大賞」のノミネート作品が22日発表された。
 選ばれたのは、直木賞作家の三浦しをんさんが大学の駅伝部を描いた「風が強く吹いている」(新潮社)やライトノベル出身の有川浩さんの「図書館戦争」(メディアワークス)、お笑い芸人、劇団ひとりさんの「陰日向に咲く」(幻冬舎)など10作品が選ばれた。

 本屋大賞は、「売り場からベストセラーをつくる!」を合言葉に、全国の書店員が選ぶもので、今年で4回目。過去には、「博士の愛した数式」(小川洋子、新潮社)、「夜のピクニック」(恩田陸、同)、「東京タワー」(リリー・フランキー、扶桑社)が大賞を受賞している。今回は、全国317店の書店員405人が投票。上位10作品から、大賞が投票で選ばれ、4月5日、同賞のサイト上で発表される。

 そのほかのノミネート作品は以下のとおり。

 「一瞬の風になれ」(佐藤多佳子、講談社)▼「失われた町」(三崎亜記、集英社)▼「鴨川ホルモー」(万城目学、産業編集センター)▼「終末のフール」(伊坂幸太郎、集英社)▼「名もなき毒」(宮部みゆき、幻冬舎)▼「ミーナの行進」(小川洋子、中央公論新社)▼「夜は短し歩けよ乙女」(森見登美彦、角川書店)

2007-01-23 | 未分類 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

ホワイトカラー・エグゼンプションは政治判断に

 厚生労働省が検討している労働基準法改正案の概要が23日明らかになった。年収など一定の条件を満たす事務職の会社員を残業代の支払い対象から外す日本版ホワイトカラー・エグゼンプションを「自己管理型労働制」の名称で導入する一方、一般労働者の残業削減策として残業代の割増率を時間数に応じて引き上げ、3段階にする案を盛り込んだ。同省は25日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)労働条件分科会に法案要綱を提出する方針だ。
 同省は今通常国会に改正案を提出したい考えで、施行日は2008年1月を想定。ただ、ホワイトカラー・エグゼンプションは「長時間労働を助長する」と強い批判を浴びているため、与党内では見送り論が主流となっており、法案提出は政治判断に委ねられる見込みだ。 
2007-01-23 | 未分類 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

早くも花見

 季節外れのサクラが、富山県朝日町、農業、江渕さん(57)の自宅前の敷地で咲いた。1月21日、近所の人たちがひと足早く花見を楽しんだ。

 4,5日前から咲き始め、百以上のつぼみが淡いピンク色の花をつけた。

 サクラの木は7.8年前からあり、品種は不明だが、この時期に咲いたのは初めてで暖冬の影響とみられる。

 江渕さんはこの日、町内会の消防団の訓練に参加し、サクラが咲いたことを話すと近所の人が見物に集まり、花見の宴になった。江渕さんは「大寒の時期にサクラが咲くとは思いもしなかった」と驚いていた。
2007-01-22 | 未分類 | コメント : 0 | トラックバック : 0 |

«  | HOME |  »

2019-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

愛

Author:愛
文化に関わるニュースをお伝えして行きたいと思います。

 

最近の記事

Google

 

 

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

広告

 

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク